目次

奨学生FAQ

■応募資格に関するご質問

留学期間が2年未満だが応募資格に該当するか
2年未満の留学の場合は応募資格に該当しません
合格通知書が条件付きでも応募資格に該当するか
条件付きで問題ありません
既に留学している場合でも対象になるか
残りの在学期間が2年以上であれば対象となります
入学候補が複数ある場合でも対象になるか
対象になりますので、全ての候補先について必要書類をお送り下さい
条件付き入学(語学学校の受講が条件など)は応募資格に該当するか
該当します。入学条件を満たす時期(受講終了日)が分かりましたら応募書類に明記ください。

■選考に関するご質問

面接はいつ頃実施予定か
7月後半~8月中旬を予定しております
面接は何回実施予定か
1回を予定しております
書類選考の結果はどの様に通知されるか
メールで通知致します。その際エラー等でお送りできなかった方について、お電話等で通知することは致しませんのでご了承ください

■書類発送に関するご質問

応募締め切りは当日の消印有効か
消印ではなく必着でお願い致します
書類の持ち込み提出は可能か
持ち込みは承っていませんので郵送でお送り下さい
応募は大学経由で出す必要があるか
大学を経由せず直接書類をお送りいただいて構いません。大学側で指示がある場合にはそちらに従ってください。
自身が海外、家族が日本のため書類をそれぞれから送っても良いか
どちらか一つにまとめてお送り下さい

■必要書類に関するご質問

願書はすべて手書きである必要があるか
署名欄以外は手書きでなくても構いません
印鑑がどうしても用意できない場合はどうすれば良いか
サインで問題ありません
出願理由は別紙での提出で問題ないか
別紙提出で問題ありません
ビザがまだ取得出来ない場合はどうすれば良いか
いつ頃取得出来るかを明記の上ご応募下さい
既に留学している場合、卒業証明書はどうすれば良いか
留学前に在学していた学校の卒業証明書をご用意下さい
既に留学している場合、合格通知書はどうすれば良いか
在学証明書で構いません
成績証明書・卒業証明書・住民票は原本が必要か
原本をお送り下さい。 学校側が紙による発行をしておらず、PDF等で原本と同等の効力のものを発行しているのであればそちらを提出いただいても構いません。
学校側で各種証明書の発行が一切出来ない場合、どのように対応すればよいか
申請により各種証明書が発行出来ず原本のみの発行場合、原本のコピーによる提出で構いません
成績証明書・卒業証明書は未開封の封筒のまま送る必要があるか
開封したものでも問題ありません
学校の成績証明書にGPA記載がない場合はどうすれば良いか
その場合はGPAを算出頂き、その根拠と合わせてご記載ください
語学力証明は原本が必要か
写しで問題ありません
語学力証明の発行日に指定はあるか
特段指定はありません
語学力証明が紙のものを用意出来ない場合どうすれば良いか
どうしても用意出来ない場合はホームページ印刷等でも構いません
住民票は世帯全員が記載されたものが必要か
願書との照合のため極力世帯全員記載のものをご用意下さい
日本から住民票を抜いてしまったがどうすれば良いか
現在居住している住所を証明出来る書類をご用意下さい。ご家族が日本にいらっしゃる場合、願書情報との照合のため戸籍謄本もご用意下さい
所得証明は何を用意すれば良いか
源泉徴収票・納税証明書等が一般的ですが、公的な書類であれば形式は問いません
所得証明はいつのものを提出すれば良いか
前年度分のものをご準備下さい
「年収」は収入と所得どちらを記載すれば良いか
給与所得者の場合は給与収入(控除前)、給与所得以外の場合には、確定申告書における所得金額(所得控除等を行う前の金額)を記入下さい
英文もしくはその他言語の書類は和約が必要か
英語の場合は不要ですが、それ以外の言語の場合は和約を別添下さい
願書や志望動機は日本語で提出か

ご自身で作成される書類は日本語でご提出下さい

事情により応募締め切りまでに用意出来ない書類がある場合どのようにすればよいか
どの書類が提出出来ないかを事情とともにメモ等に明記の上応募書類に同封ください。原本を入手次第別途郵送をお願いします。コピーをお持ちでしたら同封をお願いします。

母子世帯(母子家庭)FAQ

■応募資格に関するご質問

何歳の子どもがいれば応募可能か
応募締め切り日時点でご自身が親権を持つ、日本国籍保有の小学校入学前の満6歳以下の子が1名以上いればご応募いただけます
住民票の住所が23区内である必要があるか
住民票の住所が23区内の方のみご応募可能です
応募資格の子の年齢は満年齢か数え年か
応募締め切り日時点での満年齢で6歳以下(小学校入学前)でしたらご応募可能です
経済的に困窮の基準となる具体的な年収はあるのか
具体的な基準はございませんが、応募者の中から厳正に審査し、総合的に判断にいたします
前年度は収入があるのだが今年から事情があり収入が下がっている。応募時点までの収入の証明は出来ないが応募可能か
応募は可能ですが、公的な証明書で収入を判断させていただきます
生活保護を受けていても応募は可能ですか
おそれいりますが、受給していないことが応募条件となっております
現在は生活保護を受けていないが、過去に受給していた場合でも応募できるか
現在受給していなければ応募いただけます
給付金の使途を報告出来ることとあるが、その際は領収書が必要となるか
領収書を基に使途を確認しますので、可能な限り保管をお願い致します
近日中に入籍の予定がある場合でも応募対象となるか
母子世帯を対象としておりますので、ご応募はご遠慮ください
別居中または離婚調停中の場合でも応募できるか
別居しており、離婚調停中等であれば応募可能です。
応募の際には離婚調停中と分かる資料(訴状など)の写しを同封ください。

■選考に関するご質問

選考の基準を教えてほしい
具体的な基準についてはお答えしかねますが、応募書類から厳正に審査し、総合的に判断いたします
書類に不備があった場合、連絡をしてくれるのか
不備があった場合でもこちらからの連絡は控えさせていただきます
応募書類は返却してくれるのか
返却は出来かねますが、こちらで責任をもって管理致します。
また破棄を希望される場合にはこちらでシュレッダー等による破棄を行います。
選考結果の理由について教えてくれるのか
厳正に選考を行っておりますので、個別の選考理由についてお答えすることはできません
願書は手書きか
手書きでなくても構いません
選考の結果はどのように通知されるか
文書または電子メールで通知します

■給付に関するご質問

給付の時期はいつになるのか
応募締め切りの翌々月末までの給付を予定しております
※多少の遅れが生じる可能性もございます
いくらもらえるのか
未就学の6歳以下の子1名につき100,000円となっております。
対象となるお子様が複数いる場合、その人数分の支給となります。
例)5歳、3歳、1歳の3名を養育 → 300,000円

■書類発送に関するご質問

応募締め切りは当日の消印有効か
消印ではなく必着でお願いいたします
書類の持ち込みは可能か
持ち込みは承っていませんので郵送でお送りください
応募書類はFAXでも可能か
FAXでのご応募は承っていませんので、郵送でお送りください

■応募書類に関するご質問

手続き中で保険証を持っていない場合どうすればいいのか
事情といつまでに保健証をご用意できるかという書面を応募書類に同封してください。申出の期日を過ぎても保険証のコピーが届かなければ書類不備として対応いたします
住民票は世帯全員が記載されたものが必要か
世帯全員が記載されたものをご用意ください
※マイナンバーの記載は不要です
離婚時に子どもの戸籍を変更しておらず、自らの謄本に載っていない場合どうすればいいのか
1枚の戸籍謄本でなくても構いませんので、ご自身の戸籍謄本とお子様及び親権が記載されている戸籍謄本をご用意ください
自分自身の戸籍がない場合どうすればよいか
お子様が日本国籍を保有している場合、お子様の戸籍謄本をご提出下さい。
住民税の課税証明書の住所と現住所が異なるが問題ないか
問題ございません。現住所は一緒に提出していただく住民票で確認させていただきます。
パソコン・プリンターを持っていないので応募書類を用意することができない。その場合どこかで応募書類を用意してもらえるのか
応募書類はご自身で揃えていただく必要がございます。スマートフォンをお持ちの場合、コンビニ印刷などの方法もございますのでご用意ください。
応募書類印刷手順(スマートフォン)