財団について
Integrity
Acumen
Desire to
challenge
big thing

創設者の重田康光は1988年、22歳の時に株式会社光通信を創業しました。

それから時を経て、日本はバブルの崩壊や人口の減少、低成長、周辺国の台頭に伴う国際競争に直面してきました。

国際情勢も急速に様相を変える中で、ここ日本でも世界的に活躍できる人材がかつてないほど求められています。

 世界を見渡すと、成功したビジネスパーソンが若者の教育を支援している例がたくさんあります。

ジョン・D・ロックフェラーに始まり、現代ではビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、李嘉誠、

スティーブ・シュワルツマン、ジョルジ・パウロ・レマンなど、世界の一線で活躍する人ばかりです。

これに我々も続きます。誠実な心を持って学に志し、鋭い洞察をもって世界に羽ばたき、

大きな夢に挑戦し続ける精神を持った若者を、当財団は心から応援します。

 そしていつか我々の支援した方が同じように成功を収め、同じ境遇の若者を支援する

   ― 我々の意思が連綿と続くことを願っています。

 

     公益財団法人 重田教育財団